最新情報

※ブログ内の記事や説明等の無断使用・転載は、遠慮願います。
 もし使用・転載を希望なさる場合は、まず相談くださいますようよろしくお願いします。
●会場やスペース情報、募集中
 ご近所、ご自宅等、ヨガクラス開催できそうな場所の情報は、お寄せください。
●Skypeヨガクラス、随時募集中
 詳細は、こちらをどうぞ。
●キャラクトロジー®心理学のセッションとのセットメニュー開始
 クンダリーニヨガと並行してさせていただいているセルフアウェアネススキルのセッションを特別セットメニューで提供します→詳細はこちらから

Thursday, September 3, 2015

Siri Karan、ファスティング挑戦しました


English ver.(<--link is here) is published as another post because it will be too long with both JP and EN vers together◆


個人のFacebookやブログの方では、書いていたのですが、
私、ファスティング(断食)に挑戦しました。
準備期や復食期などの前後も含めると約3週間。
なので、ほぼ8月1か月間を自分に対するコミットメント。

正直、やせるなどのダイエット目的というよりは、
個人的な体調のためがメインだったのですが、
心身共に余計なものをそぎ落としたかったというのも目的のひとつ。

福岡でヨガを教えることをメインに活動を始めてから1年ちょっと。
ヨガを教え始める前までも、そして後からもいろいろ変化があり、
そろそろ、一旦リセットしクリアにするタイミングかなぁと感じていたところでした。
そこへ「ファスティングやってみたら?」という友人の勧めもあり、思い切って挑戦することに。

ファスティングを始めてからは、
むくみなどがとれ、体がすっきりしていったのはもちろんのこと、
食に対する考え方や感覚に変化が起きました。

食べない日々を過ごし、
本当に食べたいもの、本当に身体が欲しているものを、じっくり体感する時間を持ったことで、
食だけではなく、食以外のモノ・コトに対しても、
当たり前と思い込んでいたこと、惰性や習慣で考え、行動していたことの必要性・重要性を
改めて自分に問い、考え直すきっかけになりました。

本当に必要なことをしたい、やりたいことをやりたいなと思えるようになり、
驚くことに、自然に自分に向き合うパターンが私の中にできていました。

そしておもしろいことに、
ファスティングをやると決めて以降(まだ始める前なのに)、
ヨガに関わることで既に変化が訪れていました、今思えば。
サポートとして一つのプロジェクトに関わることになったり、
自分メインのちょっと大きなプロジェクトを起こすことを決めて着手することになったり、
(↑いつか形になったら、こちらでも発表させていただきますね)
未開の地でクラスを開催することになったり、
今までの苦労や困難を払拭してくれた生徒さんからの素敵なフィードバックをいただいたり。

その変化の中、
本当の私がやりたいこと目指したいこと、はっきりしました。

ヨガを教えることを本業にしたものの、
何度となくジレンマや葛藤を感じ、大好きなヨガを教えているのに…と悶々と悩むことがありました。
このヨガの先生になった理由であり、その原動力にもなっていた
『私の先生のやってくださったようなクラスをやりたい。そして、このヨガの素晴らしさを伝えていきたい。』という強い思い。(真似やコピーということではないのですけれどね)
ここからブレることで、ジレンマや葛藤が生じていたんだと気づけた時、スッと心が軽くなった気がしました。

人生初めて出会ったヨガの先生から、
人生初めてのヨガとなるクンダリーニヨガを学び、
その彼女の元、クンダリーにヨガの先生になった私。

「クンダリーニヨガとは…」「クンダリーニヨガのクラスとは…」「クンダリーニヨガの先生とは…」
このすべてを彼女から学び、彼女から学んだことを教え伝えていきたいという、
私のヨガ講師としての原点に立ち戻ることができました。

たかが数日断食しただけかもしれません。
でも、私は、心身ともにデトックスできたし、いろんな気づきや再認識ができましたよ。

個人的にはファスティングはオススメします。
何を言っても、実際に体験してみて自分の感覚で感じてみるのが一番だと思うので。
(これは、とにかくやってみて効果を体感してもらった方が良さがわかるという『クンダリーニヨガ』の考え方にも通じるところですね!)

しっかりリセット&クリアリングができたので、
Siri Karan Kaur、ヨガ講師として、心も体も新たに、再出発します!



No comments:

Post a Comment